2019年01月18日

葬儀は故人の為に!

最近の葬儀は、家族葬や一日葬そして直葬など、小さな
お葬儀をお願いする方が増えてきた。
葬儀とは、その家族の考え方で、葬儀の形が決まってし
まう事が多いのである。
しかし、葬儀とはその家族ではなく、故人のお付き合い
だったり、どのような人生を送ってきたかによって、葬
儀の形を考えて行わなければいけないのだ。
少し分かりづらいと思うので、例でお話をすると、先日
の舞台照明家の方の葬儀は、大勢の会葬者と沢山のお花
を頂き、盛大に通夜と葬儀を行った。
しかし、そのお宅では過去に2回の葬儀を、久喜葬祭社
でお世話させて頂き、家族だけに限定し、こじんまりに
一日葬を行ったのである。
葬儀とは、故人がどのような人生を歩んできたのか?ど
のような人にお世話になってきたのか?確認出来るそし
て感謝を伝える大切な場なのである。
ラベル:葬儀 感謝
posted by 社長 at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

東北地方

父の弟である叔父が、入院しているという事で、一昨日
の午後から一泊で東北の仙台市にお見舞いに行ってきた。
叔父が私と会いたいと言っているという話を叔母から聞
き、時間の合間を探してお見舞いに行ったのである。
私は、本家の長男として生まれ、叔父にも可愛がられ期
待もされていると自負している。
仙台市は、新幹線で大宮から仙台間は、1時間少しで着
いてしまうので日帰りでも行けてしまうが、やはり遠い
イメージがある。
私は、東日本大震災の直後に、被災地に救援物資を届け
に行っている。
東北に行くのなら、どのように被災地が復興したのか?
自分の目で見たいと思い、お見舞いに行った後に、少し
足を延ばして、8年前に行った被災地にも行きたいと思
ったのである。
お見舞いがメインだったが、久しぶりに被災地に行く事
が出来、自分の目で復興した町が見られて良かったと思
っている。
ラベル:被災地 お見舞い
posted by 社長 at 10:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

舞台照明家死去

私の社長のブログに、葬儀の事で余り個人情報の事を載せ
られないが、今日のブログでは載せてしまう事にする。
今日、グラーテス久喜に於いて行われる通夜は、有名な舞
台照明家の方なのである。
image1.jpeg
新聞やネットニュースにも出ており、100以上の生花が
上がっており、有名人や芸能人や歌舞伎役者の名前で、多
くの生花がお供えされる。
ご遺族は、お花だけで会葬者は来ないと言っているのだが、
当初よりも規模がだんだんと大きくなってきたので、キャ
パオーバーしないか心配になっている。

posted by 社長 at 09:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする