2019年08月19日

久しぶりの投稿

お盆も終わり、長い休みも終わった会社も多いと思う。
ブログを書くのを控えてから1ヶ月が経とうとしている。
そして、私の生活は、何か物足りなさを感じる日々が続
いており、最近では仕事の事ばかり考えている。
また、旅行やお出かけもしていないので、会社に毎日出
社している状況である。
今日は、久しぶりの投稿をさせて頂いたのは、私の安否
確認ですよ!
また、アクセス数がかなり落ち込んでしまったので、た
まにはと思って投稿しました。
posted by 社長 at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

10年節目の決断!

私は、現在51歳の父親が亡くなった歳に並んだ。
20歳で久喜葬祭社を継いで、社長として31年目となる。
30年間の中で、この10年きざみで色々変わっている事
を実感している。
30歳の時に、久喜葬祭社初の葬祭会館であるグラーテス
久喜をオープンして、仕事も順調になり始め、社員が定着
するようになり、私の生活にも変化があり、プライベート
やボランティア活動の時間が作れるようになった。
40歳からは、色々な事が始まった年だった。
先日のブログで書いた息子の野球のデビュー、家を新築に
建て替えたり、新しい家族となる愛犬のゴールデンレトリ
バーを飼い始めた年が、ちょうど10年前である。
そして、この社長のブログを始めたのも10年前である。
私は、社長のブログを通じて、色々な事を本音で伝えるよ
うにして、社長である私を知って頂くように発信してきた。
また、毎日書くように心がけて、日課として10年間を過
ごしてきたのである。
しかし、息子の野球が終わった現在、大きなネタが一つ無
くなった事で、毎日のように更新する事を10年の節目とし
て辞める事に決めた。
今まで、愛読して頂いたファンの皆さま、本当に有難うご
ざいました。
社長のブログは、完全に辞める訳ではないので、たまには
覗いてください。
令和元年7月23日   松永元彦  グラーテス(感謝)
posted by 社長 at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

息子と過ごした10年間!

私の息子は、小学校三年生から少年野球チームに入り野球
を始めた。
20130914_160039.jpg
息子は、野球のセンスがあったのか、小学校と中学校そし
て高校と、常に4番打者を打たしてもらっていた。
振り返ってみると、数々の思い出が蘇ってくる。
私は、息子は右利きだったが、打者としては左打ちにした。
バッテイングセンスがあったが、足は早い方ではなかった。
3打席連続のライト前ヒットのはずが、ライトゴロですべ
てアウトになってしまい、息子が泣いてしまった事!
息子の代では、市内大会では全大会負けなしの4度の優勝、
息子はMVPを何度ももらった。
IMG_1283.JPG

中学校では、2年生でクリンナップを打たしてもらい県大
会に2回出場、3年生ではキャプテンを務めたがチームを
まとめきれずに県大会に出場する事は出来なかったが、選
抜チームに選ばれたり、強化指定選手にも選ばれた。
肩を痛めていても、大会ではテーピングを巻いて投げた事、
肩を痛めずらい投げ方にする為に、トレーナーをつけた事。
小学校と中学校までは、大会前にはティーバッテイングを
一緒にやり、バッテイングセンターによく連れて行った。
私は、息子は高校で野球を続ける事が当たり前だと思って
いたのだが、息子なりに色々考える事があったようである。
そして、息子と話し合いの結果、公立の強豪高校に進学し、
野球部に入部したのである。
しかし、1年生の6月の時に、左肩を骨折してしまい、約
5ヶ月間野球が出来くなり出遅れた。
私は、息子が野球部を辞めてしまうのではないか?そんな
心配もする時期でもあったのである。
IMG_0324.jpg
息子は、勉強と部活の両立に苦労しながらも、レギュラー
となり、不動の4番打者としてチームを引っ張っていった。
私は、野球部の保護者会長として、息子と一緒に青春した。
秋には、強豪の浦和学院に勝ち、春にも同じく浦和学院と
延長の接戦で負けたが、息子は本塁打を打った事で、大き
な希望と夢を見るようになったのである。
しかし、集大成の夏の大会では3回戦で負けてしまい、息
子も活躍する事が出来なかった。
今は、ぽっかりと胸に穴が開いてしまった気分である。
今もブログを書きながら、泣いてしまっている。
試合に負けた時は、号泣してしまった。
最後に、3年生全員と握手しながら、泣いてしまった。
息子とは、抱き合って泣いてしまったのである。
長文になってしまったが、未だ未だ書ききれない沢山の思
い出があるが、楽しい10年間を過ごさせてもらった。
息子には、野球を通じて親孝行してもらい感謝感謝である。
そして今回をもって、私の親馬鹿ブログは最後となります。
私の親馬鹿話に、お付き合い頂き有難うございました。

posted by 社長 at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする