2019年02月12日

議会傍聴

今朝、久喜市議会の2月定例議会の傍聴に行った。
今日は、議会の初日であり、新梅田市長の施政方針演説
があったので、傍聴してきたのである。
梅田市長は、昨年の4月25日に就任したので、今回の
議会が梅田市長自身としては、初めての予算を含めた市
政運営を述べる機会だった。
今までは、前市長の延長として市政運営をするしかなか
った状況である。
今日からが、梅田市政として本当のスタートなので、改
革をどんどん進めて欲しいと願っている。
久喜市は、22年間という長期政権だったので、マンネ
リ化してしまい、大きな改革が行われてこなかった。
また、役所も議員も今のままではいけないと思っていた
が、その体質に慣れてしまっている。
改革は、多くの壁があり大変な事があるが、今後の超高
齢化社会に対応するには、絶対に今改革をしなければ手
遅れになってしまう。
梅田市長には、久喜市のトップとして頑張って頂き、市
議会議員の皆さんには、批判的な意見でなく、同じ目的
をもって議会に望んで頂けることを期待している。

posted by 社長 at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。