2015年10月25日

西風

今朝は、西風が強く吹いていた。
西風が吹くたびに、冬に近づいていくんだなあ!そんな
気持ちにさせられていく。
葬儀社の仕事は、雨の天気を気にして施行している。
昔は、雨だけでなく、風もかなり気にしていた。
その理由は、葬儀会館で葬儀を行うよりも、圧倒的に自
宅などの外で施行する葬儀が多かったからである。
葬儀を自宅で行うという事は、受け付けも外で行い、一
般の方の待機場所も焼香も外で行う事になる。
また、外用の花輪も飾るので、風があるのとないのでは、
かなり準備の手間が違ったのである。
昔の葬儀社のスタッフは、特に冬の時期には、雨と風は
かなり気にしながら、業務を行っていた。
最近の葬儀は、殆どが葬儀会館で行われるので、風の心
配は感じなくなったのである。
そんな時代から、葬儀社のスタッフ自身も、風の心配を
していない人が、殆どというのが現実である。
昔の事を考えると、懐かしいさと同時に、今のスタッフ
の天気に対しての意識の低さには、何か複雑な気持ちに
させられてしまうのである。



ラベル: 外現場
posted by 社長 at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。