2012年12月12日

来年の抱負

昨日の忘年会では、私の挨拶として来年の久喜葬祭社の抱負
の話をした。
今年は、新たな施設として、セレモニーホール白蓮がオープン
してた年であった。
経営的にも、先行投資をした年だったので、期待と不安の1年
であり、種まきの1年という位置づけの年だった。
来年は、種を一気に花を咲かせたいと思っている。
久喜葬祭社は、絶対に今年以上の結果を来年に実績としてあ
げなければいけないのである。
そのような来年の抱負を忘年会の冒頭の社長の挨拶でしたの
である。
そして今日は、富岡講師を招いて、経営コーチングを行っても
らったのである。
今日のコーチングは、私と村松統括部長だけで行い、来年の組
織と戦略そして年間のスケジュールを話し合ったのである。
幹部が確りとした目標や戦略をもって、スタートしなければ部下
がついてこない。
だから、今の時期に来年の抱負という曖昧な事ではなく、目標
や戦略を明確にしていかなければいけないのである。
posted by 社長 at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: