2012年02月19日

暮らしの便利帳

今日の朝刊に、暮らしの便利帳をゼンリンが久喜市と官民共同事業で、
制作したという記事が載っていた。
1__.JPG
この暮らしの便利帳は、久喜市の合併記念として保存版で作成さ
れたものであり、全64,000部を市内全戸に無料で配布される。
私は、この広告はビジネスチャンスと捉えて、多額の広告料を出す
決断をしたのである。
2__.JPG
__.JPG
広告の場所は、一番いい裏のページを二分の一のスペースを頂い
たのである。
広告料を話すのは控えるが、広告スペースの一番高い金額の場所
を選んだのだ。
久喜葬祭社は、定期的に広告チラシを入れているが、この広告は違
った角度で宣伝出来るツールだと思っている。
また、良い仕事したり、良い評判を頂いても、多くの方に久喜葬祭社
を知ってもらわなければいけない。
この広告を見て、多くの久喜市民に知って頂き、依頼が来ることを期
待したい。

ラベル:久喜市 広告
posted by 社長 at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: