2010年11月12日

暴力?正義感?

中国漁船衝突事件の映像流出で、マスコミが一般の人にインタビューを
している。
その意見は、やはり賛否両論でいろいろな意見だった。
正義感を尊重されたり、公務員なのだからいけないなど・・・・様々だった。
私は、この事件やインタビューを見ていたら、昔の中学生時代の野球部で
あった事件を思い出した。
この話をすると長くなるので、簡潔にすると同級生の仲間が、顧問の先生
に目をつけられていて、よく暴力を振るわれていた。
そして、その同級生に又暴力を顧問が振るった時は、結束してみんなで先
生に抗議しようと決めたのだ。
そして、その事態がやはり起きたのだ。
打ち合わせでは、キャプテンが言うはずだったのだが、言い出せない。
このままではいけないと想い、私が言ったのだ。
すると、その先生は私に向かって殴りかかってきたのだ。
私は、防衛の為に先生を殴ってしまったのだ。
すると、先生は野球部は廃部・解散だと大きい声で叫び始めたのだ。
その後、野球部の練習も自粛状態となったのだ。
そして、問題解決する為に、教頭先生が我が家に説得に来たのだ。
”野球部の無い中学校なんて無いのだから、顧問の先生と上手にやってく
れ、殴られそうになったら、逃げればいいじゃないか”そんな教頭のいい加
減な、守りだけを考えた説得の言葉だった。
その後、私が野球部員を引きつれ、校長室に出向き、顧問との話し合いの
場を作ってもらい、野球部も再開したという中学時代の思い出である。
私は、自分が正しいと思ったことは、信念を持っていれば、仮に非難する人
がいたとしても、胸を張っていて欲しいと思うのだ。
人間一人一人考え方は、いろいろ。
生きてきた過程もいろいろ。
だから、考え方もいろいろあっていいと思う。

ラベル:中学生
posted by 社長 at 11:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直私は言いたい事の5%しかいえてません。だからこの社長のブログは楽しいのかも?いえてますので!有難う御座います社長。
Posted by 大橋 at 2010年11月12日 19:46
今思うと昔の自分は今の自分と根本は同じかもしれないですね?
Posted by 社長 at 2010年11月12日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: